診療案内

6. イボ(脂漏性角化症)

老人性イボ

顔面とくにこめかみを中心によく見られ、褐色から黒色をしているできものです。年令とともに増えていきます。日光にあたり光老化することが原因の一つと考えられています。中には皮膚がんがまじっていることがありますので、かならず皮膚科専門医に診せてください。治療は液体窒素の冷凍凝固治療が基本ですが、イボの種類や肌の状態によっては、色素沈着を起こしたりします。とれるまで複数回行う必要があります。レーザーで治療する場合もあります。医師にご相談ください。