診療案内

4. ウイルス性イボ(尋常性ゆうぜい)

ウイルス性イボ

思春期のウイルス性イボ(尋常性ゆうぜい)から大人のウイルス性イボ(尋常性ゆうぜい)まで顔にできるできものは特に気になりますが、胸や背中にできるものもあります。発症機序としては毛穴がつまって皮脂や汚れがたまり(白ウイルス性イボ(尋常性ゆうぜい))、そこにアクネ菌が増殖し、皮膚に炎症がおこりいわゆる赤ウイルス性イボ(尋常性ゆうぜい)になります。しかし原因は、外的刺激、性ホルモンや精神的ストレスなどひとつではありません。基本的なスキンケアや規則正しい生活で症状を抑えたり、予防したりすることもできますが、化膿したり・膿が出るようになってしまうと、自宅でのスキンケアではなかなかなおりません。まずは外用薬で治療しますが、なおらない場合は抗生剤やビタミン剤などの内服薬になります。また、クリニックでのピーリングも効果的な治療法です。