診療案内

2. じんましん(蕁麻疹)

じんましん

じんましんは全身もしくは一部の皮膚に、赤く盛り上がった皮疹が現われ、強いかゆみを伴います。
発疹は数分から数時間で消えてなくなりますが、繰り返しでてくることがありその場合は慢性化することがあります。アトピー性皮膚炎、喘息などのアレルギー体質の人に多く見られるともいわれています。日光、寒冷などの外部刺激や精神的ストレス、薬品/食品(サバ、エビ、卵など)などで起きますが、実ははっきりと原因が分からない場合がほとんどです。原因が分かっている場合には、原因物質との接触を避けます。治療には抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を使います。重症で難治の方は2剤3剤とくみあわせて服用していただきます。