院内設備

3. 光治療(自費診療)

クリアタッチ
オムニラックス

a. フラッシュランプによる光治療

光によるニキビ治療は、従来の外用・内服治療に加えて、重症または必要な方に追加して行うことが可能な治療方法です。この治療法は、フラッシュランプの光と熱エネルギーによる創傷治癒促進作用を利用するもので 、ニキビの赤みの改善や皮脂分泌を抑える効果があるとされています。

より具体的に説明しますと、青緑光と赤色光の2つの光の相乗効果+温熱効果により、ニキビを改善し、再発を抑えます。まず青緑光はアクネ菌が生成するポルフィリンに光を照射し活性酸素を大量に発生させることでアクネ菌を殺菌していきます。一方、赤色光は赤ニキビなどの炎症したニキビに照射させることによって炎症を抑える効果があります。

この治療法では、 週1-2回程度を目安に複数回の治療を継続することにより、少しずつ肌質の改善を図っていきます。治療回数は肌質や症状によって異なります。1回の治療時間は、ニキビの程度によりますが顔全体で15~20分程度です。照射時は照射部位にほのかに熱感を感じる程度ですが、まれに照射後に赤みや痛みが出ることもあります。

なお、 大きなほくろ、傷、もしくは他の皮膚疾患のある箇所はこの治療を行えないことがあります。また、下記のような方に対してはこの治療を行うことができないとされていますので、あらかじめご相談ください 。

b. LEDによる光治療

適応 シミ・くすみ、毛穴の開き、小じわ、表情ジワ、にきび

LEDによる光治療とは高輝度LED(発光ダイオード)の光を当てることで細胞を活性化し肌のハリをたかめる治療です。痛みはなくマイルドな治療で、心身ともにリラックスして治療を受けられます。細胞内のミトコンドリアに作用して線維芽細胞を活性化、創傷治癒にニキビの改善など美容へも応用されています。

当てる波長により作用が少しずつ違い赤い波長(633nm)はコラーゲン、エラスチンの生成促進、肌のテクスチャーを改善、小じわシミくすみ毛穴の開きなどのダメージスキン、血行不良によるくすみ、目の下のクマ、に有効です。

この治療は週1-2回程度を目安に複数回の治療を継続することで効果が出てきます。肌質や症状により治療回数は異なります。治療時間は20分程度で、施術後すぐにお化粧なども可能です。ピーリングなどの他の施術と併用することをおすすめします。この治療が行えない方は下記のとおりです。

  • 光感受性の強い方(特に赤外線光に敏感な方)
  • 光感受性が高くなるような薬を服用している方
  • 光がきっかけでてんかんなどの発作を起こす可能性がある方
  • 日焼けをしている方(治療前1ヶ月間と治療期間中は、日焼けを避けるようにとされています)
  • 家族に皮膚癌患者のいる方
  • 悪性腫瘍、もしくはその疑いがある方
  • HIV陽性の方
  • 妊娠している方
  • 心臓疾患、出血性疾患、衰弱の激しい方
  • 抗凝固剤を服用している方

この治療法は、顔以外でも背中や胸などの部位も対応可能です。適切な処方により治療を行っていきますので、お気軽にご相談ください。